[マナーの心得]暑中見舞いの時期はいつ?相手が喪中の場合にはこうすべし

相手が喪中の場合は…
夏になると、暑中見舞いを出す人も多いと思います。

その暑中見舞いを出す時期をご存知でしょうか?

年賀状なら、テレビなどで具体的な受付期間を知ることができますが、
暑中見舞いにはありませんよね。

私自身、暑中見舞いを出す時期を、ちゃんと答えられません。

さらに、もしも相手が喪中だったら…。

そこで暑中見舞いを出す時期と、相手が喪中の場合について調べてみました。

スポンサーリンク

暑中見舞いはこの時期に出しましょう

暑中見舞いは、その名の通り暑い夏のご挨拶で、暑さの厳しい夏の時期に、
普段会うことの少ない友人や知人に安否を伺ったり、
自分の近況を伝えたりするものです。

具体的には、会うことの少ない方やお世話になっている方への挨拶。
また、お中元に対するお礼や、お世話になった方へお礼などがあります。

◇暑中見舞いを出す時期

・梅雨明けから立秋前日まで
・七夕過ぎから立秋前日まで
・夏の土用の入りから土用明けまで

いずれも最も暑い時期を示していますが、具体的には小暑から立秋前日までとされています。

2018年であれば、小暑が7月7日で、立秋が8月7日となっていますから、
暑中見舞いを出す時期は7月7日から8月6日ということになりますね。

暑中見舞いは、立秋を過ぎると使うことができません。

もしも、立秋を過ぎる場合は「残暑見舞い」で出すことになりますが、
8月中に送るのが一般的です。

スポンサーリンク

相手が喪中の場合はどうしたらいいの?例文紹介

相手が喪中の場合、年賀状は出しませんよね。

では、暑中見舞いは?ということになりますが、相手が喪中、自分が喪中、
どちらの場合も出しても構いません。

なぜなら、年賀状は「新年をお祝いする」もので、暑中見舞いは「季節の挨拶やお礼」を
伝えるものだからです。

ただし、四十九日までは出さないのがマナーです。

◇例文紹介

暑中お見舞い申し上げます

○○さんがご逝去なさり、ご家族の皆様におかれましては
寂しい日々をお過ごしのことと、お察しいたします

謹んでお悔やみ申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます

暑さ厳しき折から、お体の調子など崩されませんよう
気を付けてお過ごしください

平成○○年 盛夏

※暑中見舞いの挨拶には句点「。」を書かない、具体的な日付を書かずに「盛夏」と書く、
 重ね言葉を使わない、などの注意点がありますので気をつけましょう。

暑中見舞いはこの時期に…

まとめ

相手が喪中の場合でも、四十九日を過ぎれば、暑中見舞いを出しても大丈夫ですが、
はがきのデザインなどにも気をつけたいですね。

手紙やハガキを出す機会が少なくなった近年ですが、
実際にもらうと温かい気持ちになります。

相手のことを気遣いながら書いた言葉は、きっと伝わることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする