簡単で楽しく作れる七夕飾り!折り紙を親子で一緒にいかが?

折るだけであら不思議
7月7日の七夕は、笹・七夕飾り・短冊ですね。

七夕飾りはとてもきれいで季節を感じるものですが、お家で全部作っているという人は意外に少ないかもしれません。

我が家でも子どもが小さい頃は、幼稚園から持ち帰ることが多かったので、そのまま庭先に飾るだけでした。

七夕飾りには、それぞれに「意味」があることをご存知でしょうか。

◇織姫と彦星…二人のようにいつまでも仲良く。

◇紙衣…裁縫が上手になるように。

◇吹流し…機織が織姫のように上手になるように。

◇投網…豊漁になるように。

◇ちょうちん…心を・短冊を明るく照らすように。

◇くずかご…整理整頓ができて、ものを大切にするように。

◇折り鶴…長生きするように。

◇星飾り…願いが星に届くように。

◇笹の葉…邪気を払うように。

◇巾着…お金が貯まるように。

一般的に飾っている七夕飾りには、こんな意味があったんです。

なるほどと思うものや、ちょっと以外に思うものなどがありますね。

ほかにも、貝飾りや菱飾りなどの七夕飾りがありますから、お子さんと一緒に意味を調べてみるのも楽しそうです。

スポンサーリンク

折るだけであら不思議!映える七夕飾りが子供でも簡単すぐ出来る!

□笹の葉

1.折り紙を三角に半分に折ります。

2.三角形の直角の部分を中心にして、1/3の位置で左右を折って重ねます。
 (とがった耳のようになります)

3.手前のとがった三角を斜め下に折り下げます。
 (右上からなら左斜め下に、左上からなら右斜め下に)

4.もう片方も同様の折り下げると、上の部分が台形のような形になります。

5.台形の真ん中を中心にして左右の葉を内側に折って、裏返せば出来上がりです。

この笹の葉を、1/4の大きさの折り紙で6~7個作って、ノリでつなぎ合わせると笹の葉飾りが作れます。

緑の濃淡で色違いでつなげると、本格的な笹の葉飾りになりますよ!

スポンサーリンク

ママの腕の見せ所!折り紙だけで豪華な七夕飾り作っちゃおう!

□投網

折り紙を縦半分に2回折って、左右から交互に切り込みを入れるだけで、広げると簡単に投網が完成します。

この投網の作り方は「天の川」も同じなんです。

折り紙の金・銀で作るとキラキラしてとてもきれいです。

切り込みの幅を細くするとより長くなりますが、金・銀は破れやすくて扱いにくいので、ママの出番ですね。

ちなみに私は、新聞のチラシを使って1メートル位の天の川を作ったことがありますが、広げた瞬間「お~」と、子どもたちが驚いてくれましたよ。

□ちょうちん

折り紙を四角に半分に折って、上下の枠になる部分を残すように、半分に折った折り目の方から1センチ位の間隔で切り込みを入れます。

広げて、上下の枠の部分が筒状になるように貼り合わせたら出来上がりです。

上下の枠の部分に、違う色の折り紙を貼ったり、真ん中に違う色の折り紙を筒状にして入れるのもおすすめです。

千代紙などの落ち着いた柄を使ったり、真ん中に白色の折り紙を筒状に入れて、折り紙を貼ったり絵を描いたりすれば、ちょうちんもグレードアップですね!

短冊を笹に飾るときに、ヒモで結ぶのではなく、こよりを使うとより雰囲気が出ますよ。

七夕飾りは、折り紙で簡単に作れるものが多いですが、ママのひと工夫で豪華に見せることができます。

ママの腕の見せ所

まとめ

七夕飾りは、折り紙での作り方は知っていても、意味までは分からないことも多いですね。

その飾りの意味が分かると、またひと味違ったものになりそうです。

100円ショップで、折り紙やいろいろな柄の千代紙などの材料を、選ぶのも楽しいと思います。

短冊の願い事はもちろんですが、今年は七夕飾りの意味を話しながら、お子さんと一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする