押さえておきたい暑中見舞いのポイント!文例大公開~先生宛て~

相手に気持ちが伝わる
暑中見舞いは、季節の挨拶としてハガキで出します。

猛暑の時期に相手に対する気遣いを伝えるためのものですから、手紙のような長い文章にする必要はありません。

逆に言えば、短い文章ですから、簡潔にまとめることが必要となります。

書き方には、決まったルールは特にありませんが、一般的には次のようになっています。

スポンサーリンク

1.冒頭の挨拶 「暑中お見舞い申し上げます」

2.相手方の安否をたずねる

3.自分の近況を伝える

4.相手方の無事を祈る

5.日付

上記の順に書いていくと、暑中見舞いを書くことができます。

書き方に決まりはないとはいえ、相手方の安否をたずねたり、無事を祈るような言葉はどんなふうに書いたらいいのか迷ったりしますよね。

まずは暑中見舞いのポイントともいえる、相手方への言葉の中から、特に多く使われているものを紹介します。

・暑さが続いておりますが
・暑さ厳しき折
・猛暑が続きますが
・いかがお過ごしでしょうか
・ご自愛ください
・お体を大切に
・昨年にも増して暑さが厳しく感じられ
・まだまだ暑さが続きますが

いかがでしょうか。

一度は目にしたことのある人も多いですよね?

相手方への言葉に迷ったら、このような言葉を組み合わせて書くのも一つの方法です。

暑中見舞いの文章の締めくくりには日付を書きますが、日にちは書かずに「○○年〇月」と書いたり、「○○年 盛夏」と書くことが多くなっています。

スポンサーリンク

相手に気持ちが伝わる暑中見舞いの書き方のポイント!

◇相手を気遣う

暑中見舞いは、書き方でも紹介したように、暑い時期に相手方への気遣いを伝えるものですから、自分の近況ばかりを書き込まないようにして、気遣いの言葉を添えましょう。

◇礼儀

堅苦し過ぎないように、かといって砕け過ぎず。
適度な礼儀が必要ですね。

◇言葉を選ぶ

暑中見舞いの文章は簡潔にまとめることになります。
その短い文章の中に、相手を気遣うような言葉や、季節感を感じるような言葉を選んで入れることが必要です。

◇手書き

暑中見舞いを何十枚も出すという人には、少し大変かもしれませが、印刷ではなく手書きのほうがおすすめです。

自分がもらった時でも、手書きのほうがより相手の気持ちが伝わってくるような感じがしませんか?

字を書くことに自信がなくても、丁寧に書いてあれば気持ちはきっと伝わるでしょう。

先生、恩師宛ての

先生・恩師宛ての文例紹介 ~小学校の先生から大学の先生まで~

では、暑中見舞いの具体的な文例を紹介していきます。

□文例1

暑中お見舞い申し上げます

昨年にも増して暑さが厳しいように感じられますが、先生はいかがお過ごしでしょうか。

私の方は、仕事にも少しずつ慣れて元気に頑張っております。

これからも寝苦しい日が続きそうですが、体調にはくれぐれもご注意ください。

平成○○年 〇月

□文例2

暑中お見舞い申し上げます

連日のように猛暑が続いておりますが、先生はお変わりございませんか。

私は社会人となって1年が経ちました。

ゼミの頃を懐かしく思い出しつつ、私なりに頑張っております。

まだまだ暑さが続きそうが、お体を大切にお過ごしください。

平成○○年 盛夏

まとめ

きちんとした言葉で相手に伝えることはもちろん大事なことですが、自分の言葉で気持ちを伝えることも大切です。

文面から伝わる教え子の成長した様子に、先生もきっとうれしい気持ちになると思います。

暑い夏に出す暑中見舞いですから、涼しげなイラストが入っているといいですね!

イラストは必ずしも自分で描かなくても、夏らしいイラスト入りのハガキがたくさん売られていますから、利用してみてください。

メールもいいですが、手書きの暑中見舞いはもっと相手の心に響くと思います。

なお、立秋を過ぎると「残暑見舞い」になりますから、出す時期にも気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする