youtubeのアカウント停止は「異議申し立て」以外の方法とは!?

ユーチューバーの皆さん、
利用規約でもガイドラインでもないけど
youtubeヘルプが変更になってるの・・・

気付いていましたか?

スポンサーリンク

ネットニュースになっていましたが
2019年1月22日に、人気youtuber
ラファエルのメインチャンネルが
停止されていたことが分かりました。

チャンネル登録者数200万人を超える
メインチャンネルのアカウント停止って
なかなか衝撃的なことだと思うんですが・・・

「ん?」と思うことがありました。

というのも後日、笑い芸人キングコング
の梶原雄太(カジサック)とyoutubeで
対談しているのを見たんですが、

「これまでのサブチャンネルを
メインチャンネルに変更し、
新たにサブチャンネルを開設した」

と言っていたんです。

「え?どういうこと?」

ってなるんですよ、
一度でもアカウント停止を
経験したことのある人には。

youtube-mukasi

というのも、この画像の通り
今までのyoutubeヘルプには

「アカウントを停止されたユーザーは、
他のYouTubeのアカウントへのアクセス、
新しいアカウントの所有や作成を
禁止されます。」

となっていました。

つまり、一度youtubeアカウントを
停止されてしまうと、もう
二度とYOUTUBEで広告収入を
取ることって不可能だったんです。

唯一の方法が、停止した
「アカウントの復活」だけだったんです。

なので、皆は必死に方法を調べて
「異議申し立て」をするしか
なかったんですよ。

この手の相談ってYOUTUBEフォーラム
とかでも定期的に相談されるほど
多かった案件なんです。

で、答えはやっぱり一緒。

「利用規約やガイドラインを
ちゃんと守ってるなら異議申し立て。
それ以外なら、停止されても
文句言えないでしょ?
だって違反してるんだから」

まあ、ごもっともですよね(笑

でも、ラファエルは

「エロ系や過激系してすんません。
停止されたけど、他のチャンネルで
今後も頑張る」

って言ってるわけですね。
スポンサーリンク


私自身、一度BANされて
その後、復活。

でも、その後違う違反で停止を
受けてた身なので。

「人気ユーチューバ―はアカ停止を
受けても、複数チャンネルの運営も
広告収益も可能なのか?!
でもそれってちょっと不公平じゃね?」

と思って、色々調べてみたら
なんと微妙に変わってるじゃないですか!

これですよ、これ。

youtube-20190124

「アカウントを停止されたユーザーは、
他のYouTubeチャンネルの利用や、
新しいチャンネルの所有や作成を
禁止される場合があります。」

と変更されてるんです。

気付いた人、一体何人います!?

『禁止されます』
 ↓
『禁止される場合があります』

ということは、今までアカウント停止を
されたYOUTUBERも可能性があるって
ことですよね?

だから、ラファエルが特別扱いと
いうわけじゃないって言えるんですよね、
YOUTUBEにしてみたら。

まあ、いったんアカウント停止された
ユーチューバーが何人また複数の
チャンネル運営を始めるか分かりませんが
一応気付いたことなので
ちょっと記事にしてみました。

私も今からチャンネルやるかと
言われると、なんか面倒くさい(笑

とりあえず、ご参考までに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする