文化祭のためのカッコいいポスターの書き方、内緒で教えます!

アイデア次第で集客力
普段、何となく見ているポスター。

近くでまじまじと見ることは少ないと思います。

文化祭のポスターなら、カッコいい目立つようなものがいいですよね。

その、文化祭のポスターを書くのには、いくつかのコツがあります。

スポンサーリンク

ポスターのレイアウト

1.タイトルは左上
色々な考え方がありますが、左上に横文字左詰めが理想と言われています。
2.タイトルの文字は太く大きく。
3.タイトルのスペースは全体の4分の1をつかう。
4.メインとなる写真やイラストは右下に配置する。
5.余白を残す。

ポスターのアイデア

1.みんなで話し合ってもアイデアが浮かばない時はネットで画像検索してみる。
2.フリー素材を使って、イラストや写真、模様、柄なども活用する。
3.学生のポスターの発表会を参考にする。

これらのことを参考にして、まずは下書きしてみましょう。

ポスターに使う絵具には○○を使う?文具メーカーがおすすめする絵具を紹介

ポスターのデザインが決まって、下書きが出来たら色を塗っていきますが
使う絵具にもポイントがあります。

アニメやデザイン的なポスターや、ベタに塗る面積が大きい場合は、
発色が鮮やかなポスターカラーがおすすめです。

絵画的なポスターには、淡い感じの発色の水彩絵の具が向いています。

この時、文字の部分にポスターカラーを使うと、文字が目立つのでおすすめです。

水彩絵の具とポスターカラーの他にも、
おすすめの絵具「アクリルガッシュ」があります。

アクリル絵の具はツヤがあるので、ポスターにはあまり向いていませんが
「アクリルガッシュ」は、仕上がりがポスターカラーと同じようになります。

「アクリルガッシュ」は水溶性ですが、乾くと耐水性になるので、塗り重ねても
下のいろと混ざってしまうこともありませんので用途が広がりますね。
スポンサーリンク

アイデア次第で集客力UP!?オリジナリティーあふれるポスターを紹介

文化祭のポスターにはコンテストや展示会もありますし、学園祭ポスターを
ネットで見ることもできます。

写真、アニメ風、デザイン性の高いものからホラー風のものまで
オリジナリティーあふれるポスターがたくさん紹介されています。

文化祭のポスターは、キレイさも大切ですが、
それ以上に目立つことを意識して作りましょう。

スーパーのチラシは、購買力を引き出すデザインと言われています。

確かに、どのスーパーのチラシも同じようなデザインになっていますよね。

スーパーのチラシを参考にすれば、集客力UP!するかもしれません。

ポスターに使う絵具には

まとめ

同じデザインでも、色や使う絵具によっても印象はかなり違ってきます。

ポスターを書くときは、色や文字の配置などのバランスが大切ですが
書く人の思いが伝わるといいですね。

みんなで協力して作るポスターで、文化祭を盛り上げましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする