地蔵盆を簡単解説!提灯の意味と何歳までが対象年齢か?

586004
近畿地方を中心に根付く地蔵盆は、
なじみのない方もいらっしゃるかと思いますが、
古くから伝わる日本の風習の1つです。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事
として古くから行われてきました。

基本的に地蔵盆は、8月24日の
地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。

しかし、大人達の都合によって
この日の前後の土曜日から日曜日にかけて
行われるところもあります。

また少子化の近年は、1日だけに
短縮される場合もあります。

そこで
地蔵盆がいつ頃からあるものか?

地蔵盆は、子供が主役で、お菓子が貰えますが、
何歳まで貰えるのか?

簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

地蔵盆はいつごろから始まった?

地蔵盆の由来には様々な説があり、
今のところどれが正しいという
解明には至っていません。

すなわち、地蔵盆を行う地域ごとに由来があり、
その由来を元に地蔵盆は行われています。

もともとお地蔵様(地蔵菩薩)は、
子供の守り神でした。

その地蔵信仰が、平安時代に広く
知られるようになり、

江戸時代になると、地蔵信仰と道祖神信仰
が結びつき、お地蔵様は道端に祀られる
ようになりました。

また、親より先に亡くなった子供達が
三途の川の賽の河原で石を積んで、
両親や兄弟のことを懐かしんでいると
地獄の鬼がその石の塔を壊してしまい、

それを憐れんだ地蔵菩薩は、
親に成り代わって子供達を鬼から
守ったと言われています。

ゆえに、地蔵盆は子供の成長や幸せを
願う行事として広まったと言われています。

お地蔵さんと呼び親しまれている、
「地蔵菩薩」の縁日(8月24日)を
中心にした3日間もしくは、そのうちの
2日間に渡って行われる地蔵菩薩の
祭りのことをいいます。

地蔵盆は、道祖神(どうそじん)信仰と
結びついた、路傍や街角(辻)にたたずんでいる
お地蔵様が対象です。

地蔵盆の際、提灯が飾られます。

その提灯に、お地蔵様と子供の
名前を書くことで、縁を結び、

子供が元気に育つようにという
意味があるみたいです。

スポンサーリンク

地蔵盆のお菓子は何歳までもらえる?

地蔵盆は、子供が主役です。

すごく簡単に言うと、子供がお地蔵さん
に手を合わせると、お菓子が貰える!

と言うのが、地蔵盆です!

私が調べた結果、お菓子がもらえるのは
何歳までという明確な決まりはありませんでした。

大人でも、もらえたという人もいました。

しかし、お菓子は無くなったらお終いなので、
なくなる前に行くといいですね!

523152

まとめ

近畿地方以外の人には、馴染みがない
かもしれませんが、

日本にこんな風習があるんだなぁと
知って貰えればいいですね。

また、旅行などで、地蔵盆の時期に、
近畿地方に来ることがあったら、

是非参加してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする